ファミリーとは・・・

こんにちは、ディヴァです。
先日26日に通夜を終え、今日は葬式です。
子供の頃にほぼ生き別れた従兄弟の二人姉弟。
四半世紀ぶりに会うとガラリと印象が変わっておりました。
姉のほうは東京で頑張ってた画家になっていたし、
幼少のころぬんこ漏らしてたw弟のほうは、嫁さんもいて背もデカクなってましたね。

20111127_01

まだ筋力が衰えているので、介添えが必要なうちの母、糖尿って怖い

急なことなので、まぁ色々至らない点があった式でしたけども、
若い二人はしっかりやれたほうだと思います。
そういや、ガンで痩せた伯父の顔は、死んだジィさんとそっくりでしたねぇ。
話では私は爺さんに一番似てるとのことw∑(;谷)
生前の伯父はもーちょいふっくらして、「眼光するどい藤岡弘」っぽい印象でしたっけね。
葬式を終え、火葬場で事を済ませた後、結構時間が掛かったので夕方も過ぎてしまいました。
みんな疲れてたので、うちの親父が気をきかせ、夕食は外食にしようとの提案。
急な予約を「あづま寿司」さんにお願いし、そこへ一同が集まりました。

20111127_02

あづま寿司さん、急な会食の予約、ありがとうございました

私が子供の頃、こうして親戚3家族ぐらいが週末とかによくよくやってた会食。
なーつかすぃーですねぇ、( o・-・)・・・(遠い目)

そういえば、先週の父方の伯父の葬式で帰省してる時、うちの家庭内でも積もり積もったゴタゴタがあったんです。
んで、話し合いの結果、「雨降って地固まる」事となりました。
その時、意外と外野な私が最初から訴えていたことは、「包み隠さず腹を割って会話してくれ!」ってこと。
親兄弟がそれぞれに気を使い、それぞれに意地を張り、それぞれに遠慮し、それぞれに口をつぐむ。
それが10年ほど積もり積もって絡みあって、今回、心の雨が降ったあとに家族の結束が一段と強くなりましたとさ。
家庭内でもこんだけゴタゴタするのなら、親戚間ならもっとゴタゴタしやすいですよねぇ。
ってことなので、今でもまだ別件で、親の世代のツケを子供が背負うことに苛立ちを感じます。

機動戦士ガンダムでよくあるテーマだと、「本心による意思の疎通が戦争を終わらせる」みたいなのってあるじゃない?
それと同じで、エスパーでもない人間は、「会話」でもって意思の疎通をやって頂きたいものです。
いくら遠回りな言葉を並べても、最後は本心が伝わらないと意味が無いからねぇ・・・。
それも、生きているうちに・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.