「Fuelshaker Ice」よりも本命に成るかも・・・ – 「Promixx Original Vortex Mixer – Arctic White」 レヴュー

またまたどうも、ディヴァっすよ。
3日目の今日は一昨日の「Fuelshaker Ice」と被っちゃうアイテム、
「Promixx Original Vortex Mixer – Arctic White(以下、Promixx)」です。
カナダの公式サイトはこちらになっとります。

本体$28.99(¥3,480) + 送料$5.24(¥630) = $34.23(¥4,119) 他の商品と一緒なら送料は安くなる

「Fuelshaker Ice」がジム等の外出用プロテインシェーカーと考えたら、
今回の「Promixx」は家用プロテインシェーカーって感じ!?なのかな??
んでどういう物かってーと、外に持ち運べるプロテインミキサーって感じなんですよ、それも結構ハンディー。
一応、日本でも扱ってますが1,400円程高いです。
・・・っと購入時には無かったんですが、新着で同じ商品の安いやつが有りました。
これでも送料考えなければ、米アマよりも¥1,000程高い感じですかねぇ。
安心を買いたかったら日本で扱ってるものでも良いかもしれない・・・保証が完璧かどうかは業者次第ですが・・・。

ではでは、荷物は昨日見たとしてまずは正面。

20160130_01

右側面。

20160130_02

背面。

20160130_03

左側面。

20160130_04

では中身を出してみますよ。
「Promixx」本体と説明書。

20160130_05
水量、250ml(8oz)~450ml(15oz)が理想だそうです

ブリッジしてる飲み口蓋を含めた蓋全体はプラスチック製でしょうかねぇ。

20160130_06

飲み口を開けると「Fuelshaker Ice」と同じ感じでゴムパッキン処理されてます。
これにより漏れません。

20160130_07

蓋の裏側もこれまた「Fuelshaker Ice」と同じでシリコンパッキン処理されてます。

20160130_08
赤の矢印の箇所ね

またポン付けでなくスクリューキャップに成っているのでバックの中で開放すること無く携行性も抜群!
似てるコピー品みたいなのが米アマに有りますがよく見るとポン付けなんで、
そういう商品は家専用って感じじゃないかねぇ、(否;)
んまぁ、最初は安価なそれでも買ってみようと思ったんですけどねぇ、( ゚∀゚)ア゙ハハハハ八八ノヽノヽノ\
欲が出ちゃった、ε= )゚O゚( =3 プシュー!

「Promixx」の心臓部であるミキサー部分です。
モーター部は簡単に取り外し可能。
洗浄の時に心配が入りません。
おそらく流体力学なんかを考えてあるだろう特殊な形状のブレードが竜巻のような渦(ヴォルテックス)を形成させます。

20160130_09

モーター部裏のゴム蓋を開けると単4電池x2を入れるケースが有ります。
注意点としては、マンガン電池を使わないことでしょうかねぇ。
どうしてもパワーがないので混ざりが悪いです。
基本マンガン電池は時計とかリモコン用のパワーが必要ないけれど長寿命な機器に使うものです。
なのでアルカリ電池もしくはコスパの良いエネループなどがオヌヌメ、(‘e’)b

20160130_10

では早速実演。
蓋を開けて。

20160130_11

水を入れて。

20160130_12

スイッチを押して渦が出来たらプロテインを入れる。
渦がギュゴオオオオオーって音を立てます。
そこにプロテインを入れる。

久々にYouTubeに上げてみましたよ、\(^o^)/

久々にYouTubeに上げてみましたよ、\(^o^)/
20160130_13
プロテインを入れるとガポンッ!って音がする

上から見るとこんな感じ。

20160130_14

・・・で、出来上がりっと!

20160130_15

逆さにしても漏れませんよ。

20160130_16

ごくごくと飲み干し、プハーッ!

20160130_17

ダマになることもなく泡も少ない。
また泡がとてもクリーミーで喉越しが良いっすね。
その点は人力の「Fuelshaker」よりもすごく輝くポイント!
もうそれだけで『家用とか言ってた俺ってばバカ!「Promixx」こそ外に持ち出したいアイテムじゃん!』
ってなります。
ちょいと興奮を抑えつつ大きさなんかを見てみましょう。
「Fuelshaker Ice」よりちょっと大きめで高さは約22cm。

20160130_18

直径は8.5cmφと少し細めになったかな。

20160130_19

さて、色々やって分かった事ですが、水の量とプロテインの量、モーターパワーのバランスで混ぜにくかったりします。
当然、水の量が少ないとキチンと混ざりにくい場合も有るって事です。
もしかすると「Promixx」の新型だとそんな事もないかも・・・。
んまぁ、説明書に書いてあるのでは水量、250ml(8oz)~450ml(15oz)が理想。
取り敢えず300g前後の水もしくは牛乳と50グラムのプロテイン等、
満充電のエネループだと問題なく混ざりましたよ。
それと、先にプロテイン等の粉末を入れてから水を入れるダメなパターンだと、
容器内側やブレードにプロテインが付着して混ざりません。
ご自分の使うプロテインの量、水、更には牛乳等で色々思考錯誤してみては如何でしょうか。

話は戻りますが、今回購入の「Promixx」ですが新型が出てるって先程も言いましたよねぇ。
「PROMiXX 2.0」って名前ですが、内容はってーと、
単4電池がリチウムイオン電池に変更され、モーターもパワーアップ。
シリンダーと上蓋の間にプロテインを保存できるコンテナが付いてます。

やっぱパワーっが違うっすわ

後はプラスチック素材がアルミ素材になってる感じかな。
最初はプランAのこれが欲しかったんですよねぇ。
もしくは「Promixx」にリチウムイオン電池のモーター部とコンテナが付いたアップグレードパックをプラスするプランB。
値段は一緒ぐらいになるのですが、モーター部x2になるプランBが良いのかなぁ・・・って思ってました。
情報をあらかた整理出来ていざ購入時になると公式サイト、米アマともに「PROMiXX 2.0」はソルドアウト。
プランAはダメっちゅーわけ、∑(;谷)
んじゃぁプランBになる訳ですが、公式サイトだと日本までの送料が¥3,000以上掛かるw
これは論外w
電動歯ブラシとセットにしてプランBを実行に移そうにも・・・。
どうも米アマだとアップグレードパックは日本へ輸送出来ないのでした。
色々情報を集めてたらリチウムイオン電池って輸入とかで色々シビアらしいです。

こんなんが航空機内で爆発したらエライコッチャw

なので送料ついでに米アマで「Promixx」を購入したってわけ。
これが今日までの話。
んで、この記事を記入してるんですがこれまた先ほども申し上げた通り、
以前よりも安い価格で日アマで販売されてます。

更にはなんと!アップグレードパックも取り扱ってるじゃないの!

これについては業者さんアンガト御座います!!って感じですな、(^o^)
リチウムイオン電池をクリアしてもらえただけでも¥1,000多く払う価値はありますわ!
早速購入しよーっと!、\(^o^)/

“「Fuelshaker Ice」よりも本命に成るかも・・・ – 「Promixx Original Vortex Mixer – Arctic White」 レヴュー” への2件の返信

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; HTV31 Build/LRX22G; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/47.0.2526.100 Mobile Safari/537.36
    なんと、すべてのトレーニーから青春時代を奪う製品が登場してしまうとは!
    肩の日とか、大胸筋が筋肉痛のときはシェイクするのがしんどいですからね!

  2. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:44.0) Gecko/20100101 Firefox/44.0
    「こんな仰々しいのいらんわー!」とか「シェイクするのも筋トレのうちや!」って
    言う人もいるかと思いますが、疲れてる時に綺麗にミックスされた
    プロテインが出てくるのってすんごく新鮮ですよ。
    ちょっと音が大きいのがあれですけどもねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.