昼の暗さ、夜の明るさ

とある地域の大変親しい人に伺ってみますと、その日、九州の別の地域では雪は降っていました。
福岡では晴れ。
と言っても、雲の数は多かったです。

20050226_01
無数の光の粒は、すべてを白く輝かせます

時折雲の間からお日様が光のシャワーをふりそそぎますが、すぐさま雲に隠れてどんよりとした影を落とします。
その日の夜、散歩がてらに買い物の帰り道にふと空を見上げると、
昼間の雲がまだそこにいるようなそんな錯覚に囚われます。
夜は昼と違い、街の明りが空を照らす時間帯。

20050226_02
覆いかぶさるような雲に反射する光は、街の鼓動を感じます

雲が灰色にぼーっと明かるく輝き、黒い空に灰色の雲という不思議なコントラストを見せてくれます。
田舎では街の光は乏しく、銀河の星が微細な点で輝き、空を埋め尽くします。
逆に今回見た光景は、田舎ではなかなか見れない状況でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.