大蛇山2007

どんも、ディヴァさんです。

実は先週のY君家に行った後のことですが・・・。
次の日の日曜日に倦怠感、月曜日に風邪のような症状と下痢で眠れず。
火曜日に37度を超えて熱が出て、水曜日に下痢で眠れず。
木曜日の朝に急性の腹痛で病院に掛かり殆んど良くならず。
金曜日は寝て回復で少し持ち直し、土曜日には何とか動けるようになりました。
もうボロボロです・・・(;否)
何が悪いのかサッパリです・・・orz

てことで、今日は早朝4時半に起き、実家へバイクで移動。
休憩をしつつ、夜のお祭りまで養生して置きます。
夜ご飯を軽く食べ・・・といっても、病院で腸が軽く炎症起こしているって話ですので
食べたくてもあんまり食べれません。
おまけに消化されてないような感じで常に胃が張ってます・・・orz
でまあ、なんとか軽く食べたら私と母親、姉、アンジーさんの4人でお祭りに行きました。

お祭りは福岡県大牟田市の「大蛇山」といわれるお祭りです。
姉の家に車を止め、お腹の中にエイリアンを抱えたような体制で、
私はテクテク3人と会場へ目指しに歩きます。
暑さと膨満感が非常に不愉快だぁ・・・orz
会場へ付くと、炭鉱閉山後の過疎な大牟田なのに、
この日ばかりはウザイ位の人の山!

20070728_01
懐かしい祭りなんだわ、これが

まあ、私は小学生の頃はこのお祭りよく参加してたんです。
親戚の家が大牟田にありましてね、んで数日泊まって山車を引いてました。
うちの爺さんがその界隈じゃ有名な人らしく、剣道なんか鬼のように強かったらしいです。
その爺さんですから祭りとなると先人きって参加したらしいですねぇ。
叔父なんかも出てたし、私も親戚の子と一緒に太鼓のマネなんかやって
ギャーギャー騒いでたねぇ・・・( -_-)遠い眼

さて、十数年ぶりにお祭り見学なんで色々と撮影しときたいと思います。
大蛇山は博多山笠と同じで、各地区からの山車があります。
今さっき調べたら14体も山車がある事に気づいた希ガス・・・結構多いのねぇ。
でわ、山車に向かって歩いていきますか。
大蛇山は前方で綱をひく子供達、山車の中で楽器を鳴らす大人と子供。
周囲で誘導する大人、屋根の上で花火や掛け声だしている大人。
後方で踊る女性達で構成されています。
でも、私が引いてたころ女性達の阿波踊りみたいなのあったっけかなぁ?
たぶんなかったとおもいますねぇ。
家の母親も無いっていってましたしね。
まぁ時代の流れでしょうか。
んで大蛇山って博多山笠と同じでそれぞれの地域で個性があります。
これは通称3区とよばれる大正町の大蛇山。

20070728_02
花火に注意

んで近くで見るとこんな感じ。

20070728_03
青いヒゲが特徴っぽいですねぇ

これは2区かな?
忘れた、獏!

20070728_04
ドラゴンブレスを連想させる花火です

これは私が引いていた4区、本町の大蛇山。
なっつかすぃー!

20070728_05
山車を引いていたっていっても、かれこれ25年以上前かぁ

赤ん坊の頃、無病息災のために「かませ」っていう儀式させられましたね。
大蛇の口に赤ん坊をあたかも噛ませられてるようにすることなんですがね。
たぶんギャーギャー泣いたと思われ・・・∑(;谷)
んで、これが最近真っ白な諏訪神社の大蛇山。

20070728_06
べつに「染料が足りませんでした!」ってことではないです、∑(;谷)

昨年とかには金色の大蛇もいたそうで、チャンスあれば見たかったねぇ。
まあこうしてよくよく見てみると、楽器の演奏や掛け声のテンポやキーの高さ、
あとは大蛇自体の大きさや山車の大きさ、様々な個性があって面白かったですよ。

大音量の為に音割れてるし、獏

あと、祭り最終日になると山車を壊すんです。
私が引いてた所では、山車を神社の正面まで引いたら、頭と尻尾の拘束を外します。
神社の中央でキャンプファイアーバリの火が燃えているところまでもって行きます。
んで、その時引きずっている大蛇の欠片を皆でムシリ取ったりして奪いあったりします。
近づくものには大人が先の割れた竹でバシバシなぐってきます。
子供ながらにチョー怖かったです、(((;゚ロ゚))) ヒー、ガクガクブルブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.