事件が身近で「YAH ヤー 嫌ぁ~」 – CHAGE and ODISAN and ASKA

暑くなってきて夏が心配なディヴァさんですよ。
最近色々と事件が起こってますねぇ。

よくよく事件が起こった場所を調べると意外と身の回りで起こっていたりしてます。
流石に関東の事件は身近じゃ無いっちゃ無いんですけども・・・。
今日はちょっと思い出した昔の出来事とかを記したいと思います。

事件簿その1、福岡連続失踪事件


福岡県筑後市蔵元にあるリサイクルショップ周辺で起きた連続失踪事件で、
店員への暴行やクレジットカード不正使用などが有ったようですけども・・・(否;)

縦に伸びる青いラインが私の帰省時使用ロード。

私が実家へ帰省するときに通る道が縦に伸びる県道89号。
その県道の右上の◎が「エース」って名前のリサイクルショップで、事件はそこで起こってたようですねぇ、∑(;谷)
もう一つの疑惑の場所である被告の実家の理容店は左下の◎ですな。
失踪事件が実は殺人だったら怖すぎますねぇ。
近すぎるわ、∑(;谷)

事件簿その2、小学校前校長、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕

読んで字の如く、福岡県春日市立大谷小前校長が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された事件です。
小学校の校長が覚醒剤って・・・んまぁ絶句するような内容でさぁねぇ、(否;)
さて、私が田舎から越して一人暮らしを始めた場所から通勤する会社までのルートが青いやつ。

そのルートから地図でいう南に少し行ったところに大谷小学校があります。
んまぁ新入社員の頃なんでこの事件の校長が在籍していた時期とはカブってないと・・・思いますけども・・・。
この前校長は他の小学校で校歌を作曲してたようで、∑(;谷)
それまで使っていた小学校では歌わないようにしたり曲の変更を行うそうです。
懸命な判断です。

事件簿その3、覚せい剤所持でASKA容疑者を逮捕

最近の話題の事件ですね。
男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が
覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件
で、芸能界は戦々恐々ってやつです。

んじゃ、ちょっと長~い思い出話しますよ、事件と直接関係ないですけども。
えっとかれこれ20年弱前に私がバンドを組んだ時の話。
バンドって言っても素人の集まりで、学生の頃の友人達とその友人の弟の4人組の集まり。
んで、その友人の弟が何処で拾ってきたのやらw、
「なんかすごい人がいる!」とか「うまい人がいる!」みたいな事を言いつつ私達に紹介してきた人物がいました。
仮にその方をODISAN(おぢさんねw)としときます。
その方は見るからに「冴えないおぢさん」って第一印象でしたっけねぇ。
チェックのネルシャツをジーパンにインしてるようなそのODISANは、一応ミュージシャンっぽい。
音楽のスタイルはというとフォークソングに当たるんだっけかなぁ。
私達のバンドと全く方向性の違うODISANと何度か交流していたある時の事。

それはODISANの車にみんな乗り込んだ車中での会話です。
突然、ODISANが「僕さぁ、チャゲアスと友達なんだよねぇ!」と一言。
「ハイハイ、ファンが適当な事言ってんだろうなぁ~・・・」って感じの事は言わず、
頭の中では ( ゚ロ゚) ポクァーン・・・。
無視も可哀想なんで「( ´_ゝ`)フーン、そうなんすかー・・・」って言うと、
「大学の同期なんだ!ホラ、証拠があるよ!」。
そこで見せてもらったのは「CHAGEとODISANとASKA」の順に並んだ(だったと思う)ちょっと古い写真。
「イヤイヤw、追っかけファンが一緒に写真撮ってもろたんやろw」って感じの事も言わず、
頭の中で更に ンナワケネーダロ!! m9( ^ロ^)(‘フ’ ) クスクスクス・・・。
「あ、ホントだー・・・」って一同棒読み気味に受け答えしてると、
「ASKAの実家にみんなで挨拶に行こうよ!」的な事を曰われます。
一同「えっ!?」
向かうこととなったその場所は、さっきの事件簿2の頃の自宅からは少し離れた大野城市の某所(場所はとっくに忘れた)。

この界隈に実家と雑貨店があった

・・・で、福岡県大野城市の住宅街にある、
ODISANがASKA氏の実家と言い張る家へ到着・・・したらしい。
実家と思われる家の表札には「宮崎」の文字が。
「ASKAって本名宮崎さんなんだぁ・・・っけ!?」って思いを巡らす。
その時は取り立ててお屋敷って感じなかった家の呼び鈴を、
ODISANはおもむろピンポンアタック。
暫くすると一人のご婦人が家の中から出て来た(と思う、記憶が定かで無い)。
ODISANが「あ、どうもお久しぶりです!」的な会話をし、
そのご婦人は「お父さん、●●さんが来てますよ!」みたいな事を家の中に叫んでいたと思う。
その後にご主人と思しき方も家から出ていらっしゃった。

ご主人とODISANがASKA氏の話題をしつつ、
私ら4人を「彼らは僕のバックバンドなんですよー。」って紹介。
「バックバンドとかなに勝手に決めてんのオッサン!」ってツッコミは今は鞘に収めとこう。
今はわけもわからん民間人の玄関先なんだ・・・ヽ(`ロ´)ノ
バックバンドの話が気になりつつも作り笑い気味に、
「ASKAさんのお父さんですか。あ、どうも初めまして宜しくお願いします!」ってみんなで挨拶。
ご主人は「いやぁうちのヤツも君らぐらいの時に音楽やり始めてねぇ。頑張ってね!」って仰られる。
とても気さくで穏やかなご主人の印象でしたねぇ。
「どうも有り難うございます!」って言いながらも、
頭の中ではまだこのご主人を本当にASKA氏のお父さんとは思えない部分もチラホラ・・・。
その後はODISANとご主人で少しASKA談義をしたら「失礼しましたぁ!」って感じに家を後にした。

車へ戻ると、「そしたら次はASKAの妹のお店に行こうか!」ってODISANの言葉。
一同「へっ!?」
車に乗り込んだ一行は、
今度は実家と思しき場所から少し離れたとある洋風の雑貨店に到着したのでした。
ここで説明しておくならば、バンドの他のメンバーはどうかわかりませんけども、
私は「CHAGE and ASKA」の事、いわゆるバイオグラフィー的な事はあまり知りません。
現代ならwikiで見たりググればいいのでしょうけども、
当時の私はパソコンも持ってない頃でしたしねぇ、( ゚ロ゚) ポクァーン・・・。
ASKA氏の妹さんでググると、確かに洋風の雑貨店を営んでいらっしゃったようです。
ググって出てきた妹さんが営む雑貨店の住所と、ODISANに連れて行かれた場所はたしかに同じ場所でした。

さて、雑貨店に入ると一人の女性がいらっしゃいました。
「ASKA氏と似てる!」って思えばそう見えなくもない。
私の印象では、ハーフというかクウォーターっぽい感じの目鼻立ちのハッキリした女性でしたっけねぇ。
「どうも久しぶりー!」な挨拶をODISANはしてましたっけ。
その女性も「あらどうもお久しぶりです(^^)」的な笑顔で応対されてました。
「妹さんの応対じゃなくて、ただの接客とちゃうんかいw」って考えるのもつかの間、
ODISANは「みんな、こちらはASKAの妹さんね。んで彼らは僕のバックb・・・」
・・・って同じ日に2度も聞きたくもない挨拶しやがります。
心の中では引きつりながら、「ASKAさんの妹さんですか。あ、どうも初めまして宜しくお願いします!」
みたいなことを言ったんじゃなかったかなぁ・・・もう半分忘れたし忘れたいわw
んでしばらくODISANが妹さんらしき方とお話したら、
雑貨店でなにも購入することも無く一同帰宅・・・って思い出ですなぁ。

60歳手前の人物の犯罪に対し、イチイチ遠方の実家に突撃取材ってのは如何なものかと・・・ (画像はスポニチ引用)

うんっ、覚醒剤とはなんの関係もない思い出話に華が咲きすぎたw
んまぁ今流れているニュースなんかを見ると、
確かにASKA氏のご実家と妹さんが雑貨店を営んでた場所はその当時訪れた場所にありました。
名前も宮崎さんなんで間違いないでしょう。
「CHAGE and ASKA」は第一経済大学に在籍していたことを考慮すると、
ODISANは嘘をついてないんでしょう・・・。
ODISANが本当に第一経済大学に在籍していたしても、
「CHAGE and ASKA」を一方的に「友達!!」と思ってただけって事だったら・・・、
また話は違ってくるのだろうけども・・・w
あのODISAN、今頃何やってんのかなぁ・・・。
はっ!まさかっ!!、∑(;谷)
一般人は元より、小学校校長や芸能人であっても覚醒剤はイカンすよ!!

事件簿その4、女性芸能人(センテンススプリング)の父親とEx-Girlfriend

これはニュースになっていません。
ですが私が聞いた出来事。
ホラ話と思って頂いてけっこう仮面でありまする。

内容はって~と、現在CMやテレビ番組(「世界の果てまでイッテQ!」、「天才!志村どうぶつ園」)に出てる
とあるハーフっぽいような女性芸能人の父親とEx-Girlfriend、つまり前カノとのお話。
誤解が無いよう、アンジーさんには一応話したことがあるやつ。
かれこれ15年ぐらい前だっけかなぁ、私がリビングでのんびりテレビを見ていました。
テレビの内容はとある女性芸能人が売れて来た頃。
視聴者にその女性芸能人の素顔や家族を紹介するって内容だったと思います。
んでカメラが父親の住む家、女性芸能人の実家に到着。
玄関から問題の父親が出てくるなり私の後ろから、「うそっ!●●(父親の名前)やん!」と前カノの声。
「へっ!?何事?」って思っていると、その父親の名前のテロップは前カノが叫んだ後に出てました。
間違いなく、叫んだ名前と同じ名前が・・・。
「はぁ?なんで知ってるん?」と質問すると、
「前に会ったことあるもんコイツ!」みたいな事を言ったと思います。
「コイツ!?」

聞けば前カノが関東にいた頃、英会話スクールに通ってる時にその父親が講師だったとのこと。
んでその父親は英会話スクール講師という立場でありながらも授業中、
女性生徒数人の前で授業に適さない卑猥な言葉(女性の性器名)等を言ってたんだそうです。
まだ英語の知識が乏しかったり、英会話スクールのかってがわからない生徒達はわけも分からず復唱していたとの事。
その後、その出来事やらが問題となり学校もしくは父親と女性生徒達との間で裁判沙汰になったそうです。
結果、その裁判が響いてか、父親は英会話スクールから追い出された・・・みたいな内容でしたっけねぇ。
「へ~ぇ?うそ~ん!?」って考えていると、
テレビには今度はその女性芸能人の母親が出てきました。
録画し編集されているテレビの内容の筈なのに、
今、私達が話している内容を反映したかの様に「父親の職歴」をカメラクルーが母親に質問。
「お父さんは以前はどんなお仕事をされてましたか?」みたいな内容だったけかなぁ。
直後少しキョドり気味に「・・・で、色々あって英会話スクールも辞めてぇ~・・・」ってな説明を母親がしている。
「まぢかよ・・・w」と思った私でした。
んまぁ一応親父は一般人ですしねぇ。
その当時の話と女性芸能人の芸能活動と直接は関係ないですし・・・。
この話も前カノの作り話かも・・・って言いだしたら・・・元も子もないかw

事件簿その5、故ばってん荒川さんに怒鳴られる子供達

これは私がまだ小学校低学年ぐらい、
母方の実家にうちのファミリーでお邪魔してた時の出来事。

最近の若い子は知らないでしょうけども、
九州地方を中心に活動されていた「ばってん荒川」さんて方がいらっしゃいました。
んで、「ばってん荒川オンステージ」みたいなのが近くのホールであるんでみんなで行こうってわけ。
ホールに到着しても子供の私には「変なおっちゃんおばちゃん」が歌ってるぐらいの感じにしか思えませんでした。
それもそのはず、子供にとってはヒーローショー以外のコンサートは眼中に入りませんw
当然そんな子供にとってのつまらないコンサートは席でジッとするには苦痛の極みw
いつしか親戚の年下の子と一緒に会場を駆けまわり、
時には見物のオッサンに「うるせぇぞ!」って怒られましたっけねぇ。

さて、どうやら私達みたいな子供達は他も居たようで、
いつの間にかステージの袖の袖ぐらいの隅っこに子供グループを結成、その威力を増大させますw
膨れ上がった子供グループはステージのそばにあった壇上へ上がるための階段に座り、
ついにはヤンヤヤンヤと談笑しだしたんですな。
そしたらものの1分経ったぐらいかなぁ、
マイクを持ち会場に向けてトークしてたばってん荒川さんの
「せからしかやろがお前達は!!(うっせーぞお前らは!!の意)」との怒鳴り声!w
∑(;∑(;∑(;谷 ∑(;谷)∑(;谷) ビクゥってなる子供グループw
デカイ声をだしたんで会場を和ませるために
「んもぅ子供はホントにねぇ~、┐(;´∀`)┌ヤレヤレ」って感じにトークを再開してました。
うん、悪いのは騒いだ私らなんです、ホントにごめんなさいw

以上、5つの事件簿ですが、とりあえず悪いことは出来ませんなぁ。
悪因悪果、天網恢恢、無宗教な私が言うのもなんですけども神は全てを見ておられるよ・・・。
でもまぁ、いろんな種類の身近な事件がありますなぁ。
明日は我が身、気を引き締めて生きてゆこう!!、o(‘e’)ノ オー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.