製品選びはある意味ギャンブル? – 「Google Home 4K Startup TV」 レヴュー

はいどうも、ディヴァさんです。

突然のちょっとしたご報告ですが、この間の1月14日、
日曜日に無事に赤ちゃんが退院致しました。
その日以降は時間帯関係なく約3時間おきにミルク、うんこ、睡眠のサイクルが続いており、
私達夫婦の生活もそれを基準にしたものとなってきておりますね。
寝不足で大変だったりしますけども赤ちゃんの顔を見ると疲れも吹っ飛びます。

さて、そんな中、今まで撮りためた4K動画を活かすアイテムを今回は購入してみましたよ。
今回お送りするのはヨドバシにて販売されておりますユニテク製 「Google Home 4K Startup TV」です。

20180118_01

悪くいうと抱き合わせ販売になりますけども、今回の製品には、
ユニテクという会社が開発した55インチローコスト4KTV「LCK5502V」、
Googkeより販売されております「Google Home mini」、「Chromecast Ultra」の3種がセットになっております。

まずはLCK5502Vを見ていきたいと思います。

20180118_02
悪いことは言わない、なるべく二人以上で設置しましょう!

仕様はこんな感じです。


仕様詳細
商品名 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 4K対応液晶テレビ LCK5502V(別売USB HDD録画対応)
型番 LCK5502V
メーカー ユニテク
JANコード 4560386030986
商品コード 4120401
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー保証年数 1年
スペック詳細
仕様
■サイズ:幅1253.5×奥行304.8×高さ791.2mm
■重量:約13.7kg
■定格消費電力:150W
■待機時消費電力:0.5W
■年間消費電力:146.9Kwh/年
■音声出力:10W+10W
■チューナー:地上・BS・110度CSチューナー×2
■受信チャンネル:地上デジタルUHF・CATVパススルー対応・BSデジタル・110度CSデジタル
■入力・出力端子:AV入力×1、外付けHDD用USB×1、HDMI×3(HDMI 1:ARC対応、HDMI 3:4K/DVI対応)、
  音声出力端子(ステレオミニジャック、光デジタル音声出力)、LAN端子
■外付けHDD対応(最大2TB)
■付属品:スタンド×2 ネジ×4 リモコン×1 単4乾電池×2 miniB-CASカード×1 取扱説明書×1

ビックカメラより

セットでの税込価格75,384円から消費税、「Google Home mini」約6,000円、
「Chromecast Ultra」約9,000円を差し引くと、1インチ単価は1000円ちょっと程度となります。
これは「LCK5502V」単体での税込販売価格64,584円よりも安くなります。
最近流行りのローコスト4kTVですが、ドンキ、ノジマ、ゲオ(グリーンハウス)、コストコ(ハイセンス)、Mr,MAX等の
競合他社の中でも上位に食い込む安さですね。
性能は6社共大体似ておりますが若干機能に差があったりします。
保証期間は今回置いといて、私の主観も入ってるかもしれませんが、ざっと紹介してみると・・・

  • ドンキはローコスト4kTVの魁としての知名度とレグザのDNAを組み込まれてたパイオニア
  • ノジマは49インチと55インチでのラインナップ
  • ゲオとセカンドストリートで販売されているグリーンハウス製4KTVはフレーム補完処理で滑らかな映像
  • コストコで扱われてるハイセンスはHDMI2.0が3系統と豊富な入力端子とスマートTV機能
  • Mr.MAXは業界最安値の実現
  • ビックカメラ、コジマ、ソフマップで販売のユニテク製4KTV単体はインチ単価が最安値となる55インチ

・・・ってな感じでしょうかねぇ。

レビュー時点で4kチューナーが開発、販売されていない現状としては、
どれを選ぶかはもう好みぐらいの差でしょうかねぇ。

ちなみに私はビック4Kを購入する前フレーム補間に惹かれてゲオの4KTVを購入していたんですよねぇ。

20180118_03
ある意味ハズレてたらいい製品でした、( ゚д゚)

ただこの4kTV、5ちゃんねるのゲオTV板でよく話題になったのですが初期不具合が多すぎるのです。
リモコンの効きがすごく悪いのも目立ちますが、それ以上に私の4KTVも大当たりでした!

20180118_04
リモコンについては現在、無償バージョンアップ版を送付しています

波紋状の色ムラがすごいんですよねぇ。

20180118_05
これでも一面真っ白の画面を表示してるつもりなんですよ、∑(;谷)

これは製品のチェックを行っていないというのがよくわかります。
最初は良品と交換してもらおうと思っていたのですが、ビック4Kが出ると聞いたので返品してもらいましたとさ・・・。

話もどしましてこのユニテク4KTVはゲオ4KTVの後だったので
普通に視聴出来ることの当たり前さに安心感を覚えました。

20180118_06

実は今までTVが無い我が家なのですが、特にムラがなく大画面で地デジも言うほど汚く無いと思いました。
たまにアプコンアプコン言ってる方がいらっしゃいますが、離れてみるTVなので違いがわかりませんw
とまぁこの4KTVの個性を言うとするならば、「安定の55インチ4KTV」と言った感じかなぁ。

次に「Googke Home mini」ですが、昨今言われてるスマートスピーカーってやつですね。
スマホに「OK Google!」って操作をされた事がある方はだいたい予測が付くような機能のスピーカーです。
実際に出来る事を私なりに簡単にザッとまとめると・・・

  • 質問への返答や情報の通知
  • ちょっとした会話
  • スケジュール、タスク管理等
  • スマート家電やアプリとの連携
  • Chromecastとの連携(TVのオンオフ等)

・・・と言った感じでしょうかねぇ。
当然全能ではありませんので、スマホへ「OK Google!」の枠をちょっとだけ外れたぐらいって印象でしょうかねぇ。
言葉が悪いかもですが、合ってもなくてもいいアイテムと言うと・・・Googleに怒られそうですけども・・・∑(;谷)
私は音楽サービス「Spotify」と連携させてBGM垂れ流しって感じで使ってます。

最後に「Chromecast Ultra」です。

20180118_07

日本では3年半前ぐらいから初代が出ているもので、UltraはChromecast でも一番グレードが高いアイテムですね。

20180118_08

今回購入時は漠然と「あれこれができるんだろうなぁ・・・。」と思っていたものとは違うものでしたw
私の場合、サーバーPCからFTP経由でメインPC上の「KODI」というアプリを動画を視聴してたりしています。
それまでのメインPCから4KTVへスイッチ出来ると思ってたら意外とできないw
どうやらAmazonのFireTVと違い、アプリがインストール出来ない仕様のようです。
じゃぁどうするのか?
基本的に「Chromecast」は「Cast」させるものだそうですね。
実際には、スマホ、PCなどにインストールされたCAST対応アプリから、
「動画をTVで表示」もしくは「動画をTVに送る」といった使い方とのことです。
この行動をまとめて、先程のCastというんだそうですね。

「動画をTVで表示」については、例えばスマホで見ているYouTube動画をTVで表示といったかんじ。
この時、スマホはChromecastへ動画のURLなどの情報を送信しChromecastはサーバーから
動画のデーターを直接受信し表示するという感じでしょうか。
この時スマホはリモコンとして扱いになるので、スマホに負担がかからずキレイな動画を視聴できます。
「この動画をTVに送る」については例えばPCのブラウザ「Google Chrome」からCastさせると
PCからミラーリング配信された動画やデスクトップ全体をTV側にも表示させます。
つまり同じ動画がPCとTVで表示されている状態ですね。
ただこの場合、メインPCを起動しておかないといけません。
また、Chromecast Ultraを有線LANで繋いだとしても、
一旦メインPCを経由しているためか動画の画質が若干劣化します。
うーん悩ましいw

いろいろ試したのですが、無劣化でサーバーPC→Chromecast Ultra→4KTVというわけには行かないようです。
打開策はサーバーPCをHDMIケーブルで4KTVと直接繋ぐとかでしょうかね。
そうなるとChromecast Ultraの存在意義ががががががw

後は、FireTVだとKODIをインストールできるのでサーバーPC→FireTV上の
KODIで視聴とできますけどねぇ、(゚∀゚) >(m)< ピコーン!!
とまぁこんな感じの3アイテムですが、Chromecast Ultraの画質に拘らず使うぶんでは
この3種は素晴らしいスペックを発揮してくれるものと思います。
YouTubeといったCast対応アプリとの親和性が高いのは当然ですので、
今後そういったアプリが増えていけば画質の劣化なく視聴でき、
私の現状の問題点も解決していくのではないかと思います。

んまぁ、私としてはサーバーPC上の動画を無劣化で見たいので・・・FireTV買っちゃうかもですけどねぇ、\(^o^)/

一体何度言えばわかるんだ!ヽ(`ロ´)ノ – 「iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード ブラック BSKBW10BK 」 レヴュー

昨日につづき、どんもディヴァっすよ。

うちのアンジーさんに私がよく言う小言は「手を動かす範囲にコップを置くな!」です。
なんでかってーと、急な電話なんかでアタフタしてると、

        __
(ノ`Д´)ノ彡 (__()、;.o:。 ドガッシャーン!!   (´ε`;)ウーン…
             ゚*・:.。

って感じでこぼすんざんすよねぇ~。
何度も何度も何度も・・・、ヽ(`ロ´)ノ ヌワーン
と言うことは、キーボードが水浸しでオジャンってわけ。

一応私が分解して修理をしようと試みるんですが、回路がショートするともうどうしようもないですよねぇ。
さてさて、今回も新たなキーボードを購入することになりました。
つまりこぼしちゃいました、\(^o^)/
「iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード ブラック BSKBW10BK 」ってのが今回の獲物!

【ドラゴンズドグマ オンライン 動作認定モデル】とかって書いてありますけども、気にすることはない、ふつーの無線キーボードです

20161203_01

仕様とかはこんな感じ。

20161203_02

中身はキーボード本体、テスト用単3電池、USBドングル、説明書。

20161203_03

キーストローク2.3mmなので軽いタッチでタイピングできます。

20161203_04

今回購入した決め手はこの穴。
もしキーボードに水分をこぼしてもこの穴から排水できるんですなぁ、( ゚д゚)

20161203_05

ライトを向こう側に置くと穴から光が見えますよねぇ。

20161203_06

これでちょっとは安心してこぼすことが出来る!
いんや!こぼすなー!!!ヽ(`ロ´)ノ ヌワーン

無線マウスって何個もあると干渉するっぺよ – 「TeckNet Classic ワイヤレス マウス 6ボタン 無線光学式 2400 DPI 5段階調整 18ヶ月間電池利用可能」 & 「Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス 無線マウス 5DPIモード 2400DPI」 レヴュー

こんちわ、ディヴァです。

アンジーさんのお父さんの葬儀から少し経ちました。
気持ちも落ち着いたので平常運転に戻していきますよ。
っていってもアンジーさんはもーちょい時間掛かりますけどねぇ。
こればっかりは仕方がない、時間が解決するのを待つぐらいですかなぁ。

さて今日はアンジーさんの使ってた無線マウスのドングルがどっか言っちゃったのでw、
代替品のマウスを購入してみましたよ。
あと、私のiWork10FS用のマウスもね、(‘e’)b
アンジーさんには「TeckNet Classic ワイヤレス マウス 6ボタン 無線光学式 2400 DPI 5段階調整
18ヶ月間電池利用可能(以下TecNet)」ってやつ。
私は以前購入した「Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス 無線マウス 5DPIモード 2400DPI(以下Qtuo)」のレッドバージョン。

まずはTeckNetを見てみましょう。
Qtuoと同じ感じのダンボール箱できましたよ。
左上がマウス、右がその箱、下は説明書やらなんやら。

20161110_01

3つを並べてみました。
左からQtuo、TecNet、Qtuoレッド。
多分性能は3つともほぼ一緒。

20161110_02

QtuoとQtuoレッドを比べるとレッドの方が若干タイト。
デスクトップPCとタブレット用で同じ形のマウスだと混同しちゃうので今回レッドを買ったんです。
横から見るとこんな感じ。
やはりTecNetのやつが高級感が有る感じっすかねぇ。

20161110_03

TecNetのやつは電池ケースの蓋を開けたところに受信用ドングルが刺さってます。

20161110_04

されこれからが問題なんです。
実はQtuoが3台、Qtuoレッド1台、TecNet1台の計5台の無線マウスがあるんです。
ディヴァサブPC、アンジーメインPC、iWork10FSx2台に使うとしても電波干渉は頂けません。
1つのマウスで2台のPCマウスカーソルが動いちゃいますからねぇ。
んでもって電波干渉を調べてみるとやはり1台が干渉してました。
なのでその1台は仕事場用にしてしのいでみますよっと。
・・・ってことでなんとか今回の目的は果たせたようです。

フレッツ光・プレミアム→フレッツ光ネクスト 変更だってさぁ

ちょっと涼しくなってきましたね、ディヴァざんす。

以前NTTから電話がきて「フレッツ光・プレミアム」の提供を停止するって言ってきました。
んでもって「フレッツ光ネクスト 隼」に順次以降するってんで8月30日に宅内工事を済ませております。
以前まではVDSLだったんですけども、今回はPCの真横にまで光ケーブルがやってきました。
機器の構成も以前はこんな感じ。

WWW 宅内型VDSL 加入者網終端装置 ─────── サーバーPC
             (CTU) 
                 WR8750N ── メインPC
                   └─── サブPC
                  └────── iPhone、iPad
           光電話対応VoIPアダプター ─── 電話
・・・電話線  ・・・LANケーブル  ・・・wi-fi

んでこんな感じに若干シンプルになりました。

WWW フレッツ光回線終端装置 ONU ── サーバーPC
           
            WR8750N ── メインPC
              └─── サブPC
             └────── iPhone、iPad
        └─── 電話
・・・光ケーブル  ・・・電話線  ・・・LANケーブル  ・・・wi-fi

以前のスピードは以下の感じ。

http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2009/11/13 15:47:19
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/福岡県
サービス/ISP:Bフレッツ マンションVDSL方式/Yahoo!BB
サーバ1[N] 39.8Mbps
サーバ2[S] 76.9Mbps
下り受信速度: 76Mbps(76.9Mbps,9.62MByte/s)
上り送信速度: 42Mbps(42.7Mbps,5.3MByte/s)

んでもって「フレッツ光ネクスト 隼」ということは最大1Gbpsってことなので、
ONU、サーバー間のLANケーブルをカテゴリー7に変更。
カテゴリー7(10Gbps)だとオーバースペックになりますが、
回線スピードのトラブルが発生したときにLANケーブルを除外できる点で良いチョイスだと思います。

20160927_01

いつの間にカテゴリー7LANケーブルも安くなってますな、( ゚д゚)

20160927_02

今回のスピードは以下の感じ。

回線速度測定結果
下り回線
速度 51.64Mbps (6.455MByte/sec)
測定品質 54.8
上り回線
速度 156.0Mbps (19.50MByte/sec)
測定品質 81.4

マンションタイプは戸建てタイプと違い、1Gのラインを複数戸で使用するのでそんなに速度は出ません。
んまぁ、時間帯やその他状況で変動しますが、個人的にはアップスピードが上がったのはうれしいですねぇ。
音楽、動画などを配信するサーバーが活きてきます。

ってことでNTT都合による回線変更なので月額料金の変動は発生せず、
アップグレード出来た感じです。

たとえ本来の目的を達成出来なくても・・・ – 「Transcend USBメモリ 8GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック (無期限保証) TS8GJF790K」 レヴュー

いよぅ、ディヴァだよ。

ここ数日の連投最後は以前購入した、
「Cube iWork 10 Flagship Ultrabook Tablet PC Type-C(以下iWork10FS)」 をイジるアイテムについてです。

といってもハード的ではなくソフト的、それもOSっすな。
てな訳で目的達成のために、
「トランセンド USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式【データ復旧ソフト無償提供】PS4動作確認済 TS32GJF790KBE」を
購入してみましたよ。

ああ、そうそう、「Transcend microSDXCカード 128GB UHS-I対応 400× (無期限保証) TS128GUSDU1P」の
時みたく、製品登録は忘れずに、(‘e’)b

20160824_01
USBのメモリの他は小冊子とかが付いてきました

さて、iWork10FSは購入すると、
そのデュアルOSには「Android 5.1」と「Windows 10 Home(中国版)」が付いてます。
「Windows 10 Home(中国版)」はマイクロソフトが中国向けにカスタマイズした「Windows 10 China edition」
のようですね。
んで、それを日本語で使おうと思ったら日本語言語パックを後からインストールして設定する作業が必要です。
でもやはり日本人だったらネイティブに日本語で使いたいってのが常ですな。
んじゃその為には「Windows 10 Anniversary Update」でクリーンインストールすれば良いってわけです。
手順はこう。

マイクロソフトから「Windows 10 Anniversary Update」をゲットする。
 ↓
USBメモリをインストールメディアにしてクリーンインストール。
 ↓
\(^o^)/

詳しくは上記リンクより行うといいでしょう。

んで今回購入したトランセンドのUSBメモリでは・・・なんとまぁ、USBメモリ作成時に認識されませんでした。
「うへぇ、使えないのなら持ったいねぇ~、(否;)」って一瞬思っちゃいました。
んじゃまぁなんとか工夫しないとねぇ、ε= )゚O゚( =3 プシュー!
修正した手順はこう。
「Windows 10 Anniversary Update」をゲットするところで
「使用するメディアを選んでください」の画面があります。

・USBフラッシュドライブ
・ISOファイル        ←こっちを選択してISOファイルをまずダウンロード。
 ↓
それを「UltraISO」や「DAEMON Tools Lite」などの仮想ドライブにマウント。
 ↓
仮想ドライブを開くと中身はインストール用のファイル群となっているのでそのままUSBメモリにコピー
 ↓
USBメモリをiWork10FSに差し込んだらブート用の手順に則ってクリーンインストール
 ↓
\(^o^)/

・・・って感じっすな。
結果は大成功!
特に不具合もなく「日本版Windows 10 Home(レジスト済み)」になってました。
iWork10FSには光学ドライブが無いので、
USBメモリは無駄になること無く今回の目的は達成出来たことになりました。
これで心置きなくiWork10FSを弄くりまわせますわなぁ、\(^o^)/

20160824_02
あくまでもただのUSBメモリなので特筆すべき内容は無いよう・・・、( ゚∀゚)ア゙ハハハハ八八ノヽノヽノ\

ISOファイルとかは一応母艦のデスクトップPCに避難しておく事とすればいいっすかねぇ。
なんかトラブったときに使うでしょうし、マウントしてUSBメモリにコピーすればまた同じように出来るし。
ん~後は・・・ちょっとしたファイルの受け渡しなどにUSBメモリを使うとかでしょうかねぇ。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.