海釣り三昧 その1

おはようございま~すぅ、ディヴァイドでぇ~す(小声)。
さて、今日は昨日にMC.AT君よりいきなり連絡があって「夜釣りに行こう!」ってことになりました。

もう11月になるのである程度の防寒着などは事前に用意しときます。
私の釣り道具は実家に置いてけぼりなんで、MC.AT君の豊富!?な釣り道具を借りる事としときます。
んで早朝3時ぐらいに我が家へ集合し、一先ずの目的地、福岡市北東にある「奈多」という海岸へ向かいます。
途中、コンビニで朝ごはんなどを購入し、堤防へ車を停車。

20071103_01
コケッコッコー!

まだこの頃は薄暗い感じですが、釣り客はそこそこいましたねぇ。

20071103_02
親子連れがアジ子を釣ってた

車から資材を下ろしたら、堤防の奥へ進みよさげな場所を確保します。

このポイントは引っかかるからダメかもね

引っかかった浮きがあるテトラポットを避けた場所に腰を落ち着かせ、セッティングをし、釣り糸を垂らします。
・・・なにも釣れません。
というか、雑魚というか稚魚さえも殆どいないような気がします。
まわりの釣り客をみても、連れてる気配がありません。
しょうがないのでそうそうに場所をかえました、orz
んで、次の場所は先ほどの奈多から志賀島へ向かい、半島をグルッと行った所にある漁港です。

20071103_03
そこそこ釣り客はいましたね

日が高くなってくると、11月とはいえ暑くなってきます。

あー、日焼けする・・・orz

少し薄着にし、荷物を持って奥のテトラポットまで移動しました。
良い場所を見つけたらセッティングをし、釣り糸を垂らします。
そういえば久々のアウトドア、気持ちが良いですねぇ。
海の向こうには福岡タワーがかすかに見えます。

20071103_04
漁船が定期的に行き来してます

しばらくしたら「さびき」で釣ってるMC.AT君にあじ子が連れ出したりしています。
たまにバレて釣れたアジ子がテトラポットにまっさかさま。
「自然に返しよーとよ・・・」って良いわけが波音に消えてゆきます、( ゚∀゚)ア゙ハハハハ八八ノヽノヽノ\
一向に「投げ釣り」の私には当たりがきません。
その間もたまにつれているMC.AT君。
まあ、以前から海釣りであんまり釣れた記憶が無いので、お気楽に構えてたりするんですけどねぇ。

っと!その時に「チリンチリン!!」と私の釣竿が唸ります!!
「ヌハァー!フィーーーシュッ、オーーーーン!!」
落ち着いてリールを巻き、バラさないように慎重に釣り上げてみたら・・・「うわっ、カレイじゃん!!」。
私の人生の中での新たなる海釣りの1ページ。
その中でも、約25cmという新たなレコードをたたき出した大物(本人曰く)です。
*・゚・*・。・*・゚ (n’-‘)n ゚・*・。・*・゚・* イイワァ!!
なんでここまで喜ぶかというと、周りがあんまり釣れてないからです、獏!!
んで、二人でテトラポットの不安定な足場でアップアップしながらカレイを
クーラーボックスにいれました。

それからは二人で釣り糸を垂らし、のんびりとのんびりと・・・。
MC.AT君は「俺は今夜はリベンジするよ!」と何にリベンジかよく分かりませんが、
鼻息荒く言ってます。
まあ、私も特に予定がないので一緒に行くこととします。
・・・時間も夕方前になったのでそろそろ帰宅となります。

20071103_05
海ノ中道は良い波でした

途中、私用のマイ釣竿などを購入し私のマンションに帰ります。
んでホントはその場でやったほうがいいのですが、いまからでも良いので獲物をさばいときましょう。

20071103_06
カレイはフライにしましょかね

裁き終わったら、深夜のリベンジに控え2時間ほど仮眠をしときます。
起床したら準備を整え、晩御飯を食べ、箱崎埠頭を目指します。
到着し、荷物を降ろし早速釣りを開始。

珍走団や走り屋がウザイ・・・ヽ(`ロ´)ノ ヌワーン

うーん、たまに小物が釣れたりとかで目立った成果は上げられませんねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 Fragments of Akashic Records, All rights reserved.